センスが良いと思わせたいアラフォー世代のファッションNGとコツは?


40代以上の女性が服装でイタいと思われないためには

40代以上になると、気持ちは若い頃のままでも似合う服が変わってきたり、自分は良いと思っていても周囲からはちょっとイタいと見られてしまうことも少なくないようです。では、アラフォー以上の世代が、センス良く着こなすためにはどんな点に注意すれば良いのでしょうか。

それにはまず、若作りしすぎないことが大切だと言われています。可愛い服を着ると一見若く見えそうですが、逆に服とのギャップで年齢を感じさせてしまうことがあるようです。次に、マイクロミニなど露出が多いものも避けた方が無難でしょう。脚線美に自信がある人ならアピールしたいという気持ちになるかもしれませんが、場合によっては、品がないなと思われてしまうこともあります。

その日のコンセプトを考えてみるのも楽しい

アラフォー以上の世代が、周囲から素敵だなと思わせるためには、流行を少し意識して程よく取り入れながらも、基本は質の良いものを身に着けるのがコツだと言われています。そこに、自分なりのその日のコンセプトを与えてみても楽しいでしょう。例えば、今日はクールでデキる女風に、次の日はフェミニンにという具合にその日の気分に応じてコンセプトを考えます。その際、小物はもちろんのこと、ヘアスタイルも含めてトータルでそのイメージになっていないとバランスが悪くなります。

センスに自信のない人なら、映画などを見て参考にしてみても良いかもしれませんね。ただし、アラフォー世代以上ならTPOをわきまえて楽しむことも大切ですので、主張し過ぎなコーディネートにならないよう、くれぐれも注意しましょう。

vioとは、ビキニライン(V)と陰部の周辺(I)と肛門周り(O)を指す言葉です。vioの脱毛は、体のほかの部位よりデリケートで毛が固いため、脱毛による痛みを感じやすいケースが多いです。